読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地図をつくらない

余生というにはみじかく、夏休みにしては長い

8月11日

店じまいのためには張り紙をせねばなるまい。

つらつらと、地図はつくらない。

 

16時ごろ起床。尿が濃い黄色を通り越して茶褐色に。嘔吐なし。ウィスキーのむ(ところがポケット瓶1本すこしで突如嘔吐。寝起きはともかく飲酒中はめずらしい)。某オークション、二者間でのチキンレースの様相をみせる。締切まで数時間となって生来の負けず嫌いが出る。

 

7月21日から以下の本を読んでいる。38/59読了。

将棋世界2016年8月号」「将棋・名勝負の裏側」、松本博文「ルポ 電王戦」「ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ」、大川慎太郎「不屈の棋士」、藤原隆史「一点突破: 岩手高校将棋部の勝負哲学」、先崎学「フフフの歩」「孤高の大木」「千駄ヶ谷市場」「 棋士先崎学の青春ギャンブル回想録 」「先ちゃんの囲碁放浪記 桂馬の両アタリ」、田中寅彦羽生善治神様が愛した青年」、榊山潤「囲碁名言集」、石田章「囲碁界の真相」、古田靖瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか」、深浦康市「プロへの道」、青山牧美「鏡花水月女流棋士中井広恵-」、河口俊彦「羽生と渡辺」、田辺忠幸「最古参将棋記者高みの見物」、入江相政入江相政日記」(11・12巻)、平松洋子「アジアおいしい話」「旅して見つけたベトナムとタイ毎日のごはん」「ひとりで飲む。ふたりで食べる」、蔵間竜也「大相撲を101倍楽しむ法」、武田葉月「大相撲想い出の名力士たち」、渡辺俊美「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」、アーサー・ビナード「亜米利加ニモ負ケズ」「出世ミミズ」、辻嘉一「包丁余話」「料理のお手本」、高橋和女流棋士」、マイケル・ブース「英国一家、日本を食べる」「英国一家、ますます日本を食べる」「英国一家、日本を食べる WEST」「英国一家、日本を食べる EAST」、湯川博士振り飛車党列伝」、有栖川有栖「乱鴉の島」「絶叫城殺人事件」「妃は船を沈める」「暗い宿」「高原のフーダニット」「白い兎が逃げる」「女王国の城」「作家小説」「山伏地蔵坊の放浪」、我孫子武丸「殺戮にいたる病」、蘇部健一六枚のとんかつ」、歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」、皆川博子「聞かせていただき光栄です」、山田宗樹「百年法」(上下)、高野和明「ジェノサイド」(上下)、乾くるみJの神話」、舞城王太郎煙か土か食い物」、山口雅也/麻耶雄嵩ほか「名探偵の饗宴」、二階堂黎人「悪魔のラビリンス」「聖域の殺戮」